• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

奨学寄附金企業や個人から教育研究の奨励を目的とする寄付金を受入れ、学術研究や教育の充実・発展に活用する制度です。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    奨学寄附金

    奨学寄附金企業や個人から教育研究の奨励を目的とする寄付金を受入れ、学術研究や教育の充実・発展に活用する制度です。

    税法上の優遇措置について

    本学にご寄附いただきました金額については、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第2号)または法人税法上の全額損金算入を認められる指定寄附金(法人税法第37条第3項第2号)として財務大臣から指定されています。 このため、税法上の優遇措置が受けられます。

     

     

    法人からのご寄附

    原則として全額損金算入することが可能です。


    個人からのご寄附

    2千円を超える部分について当該年度所得の40%を限度に当該年度の所得から控除することが可能です。

     

    その他

     PDF寄附金受入規程 (81.8KB)
    教員個人が寄附を受け、次のいずれかに該当する場合は、当該教員が改めて大学に寄附する必要があります。


    ・当該教員の職務上の教育、研究を援助しようとするもの。
    ・当該寄附金をもって本学の施設・設備等を使用して業務を実施するための経費に充てようとするもの。


    また、寄附金によっては、大学に寄附しないで教員個人に対して寄附する場合(助成金を直接個人に交付する場合)がありますが、この場合であっても当該教員が改めて寄附金として大学へ寄附する必要があります。

     

    <浜松医科大学HPより引用>

    <画像(Author:しんかわなさん、License:CC-BY-SA-3.0、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hamamatsu-idai.jpg)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>