• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

弘前大学は、昭和24年に新制大学として出発して以来、教育基本法の精神にのっとり、広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、人類文化に貢献しうる教養識見を備えた人格者の育成を目的とし、学問の領域を幅広くカバーする人文学部、教育学部、医学部、理工学部及び農学生命科学部の5学部と、独立研究科である大学院地域社会研究科を含む7研究科より成る中規模総合大学として歩んで参りました。
現在、国立大学を中心とした我が国の大学は、改革の大きな流れの中にあります。私たちはこれを大学に対する社会からの大きな期待に基づくものと受け止め、社会のリーダーとして我が国の発展を推進する人材を育成すべく、本学においても諸改革に取り組んでおります。
この基金は、学生支援、教育研究、国際交流及び社会貢献に関する活動等の一層の充実に役立てていきたいと考えております。
経済状況が厳しい中ではございますが、本基金の趣旨に御理解を賜り、格別の御協力と御支援を賜りますようお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    基金概要

    弘前大学基金は、大学の財政基盤の充実強化を図り、学生支援、教育研究活動等の一層の充実を図ることを目的に平成27年7月に創設いたしました。本学では、本基金を有効に活用し、地域を志向した大学改革を進め、地域活性化の中核的拠点としての本学の姿を確固たるものとし、イノベーション創出と人材育成を通じて地域社会への還元を目指しております。

    皆様の格別のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

     

    基金の主な事業・目的

     

    1.学生への支援事業

    ・学生の修学に対する支援

    • ・学生の就職活動に対する支援
    • ・学生の課外活動に対する支援等

     

    2.教育研究活動への支援事業

    ・教育研究環境の整備充実に対する支援

    • ・地方公共団体等との連携活動に対する支援等

     

    3.国際交流活動への支援事業

    ・海外協定大学との学術交流等に対する支援

    • ・学生の海外派遣に対する支援
    • ・外国人留学生の受入れに対する支援等

     

    4.社会貢献活動への支援事業

    ・地域の人々の生涯学習に対する支援

    • ・学生のボランティア活動に対する支援
    • ・地域医療への貢献等に対する支援等

     

    5.その他基金の目的達成に必要な事業

    ・大学全体に対する支援等

     

    特定基金

    学都ひろさき未来基金

    グローバルな視点で地域の課題を解決できる「グローカル人材」を育成するため、弘前大学と弘前市、弘前商工会議所の3者で設立したのが「学都ひろさき未来基金」です。
    本基金では、以下の3事業を展開しています。

     

    1. ・学生市民等協働プログラム
    2. ・学生海外PBLプログラム※PBL(Project-Based Learning):問題解決型学習
    3. ・グローカル人材育成推進事業

     

    税制上の優遇措置

    弘前大学へのご寄附につきましては、税法上の優遇措置が受けられます。

     

    個人の場合

    ○所得税

    <所得税法 第78条第2項第3号>
    寄附金額が2千円を超えた場合は、確定申告することにより、総所得金額の40%を限度として所得の控除が受けられます。
    寄附金額控除=寄附金額(総所得金額の40%を限度)-2千円

    ○住民税

    寄附者がお住まいの都道府県・市区町村が、条例で本学を寄附金税額控除の対象として指定している場合、寄附金額(総所得金額の30%を限度)-2千円に次の率を乗じた額が税額控除されます。

    • お住まいの都道府県が指定した寄附金…4%
    • お住まいの市区町村が指定した寄附金…6%

    ※ご寄附いただいた年の翌年1月1日に指定された都道府県・市区町村にお住いの方が対象となります。
    ※所得税の確定申告を行わない場合は、お住まいの市区町村に申告を行う必要があります。
    (注)この指定は、各都道府県・市区町村の自己裁量となっておりますので、本学が指定機関かどうかは、お住まいの都道府県・市区町村にお問い合せください。

     

    法人の場合

    ○法人税

    <法人税法 第37条第3項第2号>
    寄附金の全額が損金に算入され、税金はかかりません。
    (一般の寄附金にかかる損金算入限度額とは別枠です。)

     

    <弘前大学HPより引用>

    <画像(Author:M1945さん、License:CC-BY-SA-3.0-migrated、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hirosaki_univ.jpg)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>