• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

昭和24年に新制大学として発足した広島大学は、半世紀余にわたって全国有数規模の国立大学として地歩を固めてきました。平成16年4月1日には国立大学法人として再出発し、社会的使命を果たすべく大学改革に取り組んでいます。

広島大学は、平成25年度「研究大学強化推進事業」及び平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援事業」トップ型に採択されました。このことは大学人としての名誉であると同時に、総合研究大学として世界トップレベルの教育・研究を推し進め、優秀なグローバル人材を育てていく大きな責務を引き受けたものと認識しております。

本学は、平成19年度に「広島大学基金」を設立しました。皆様からいただきました貴重な寄附金は、学力が優秀でありながら経済的理由により進学が困難な学生を対象にした本学独自の「フェニックス奨学制度」や「短期海外研修制度」等に活用させていただいております。

運営費交付金の削減や資金獲得競争の激化など、国立大学を取り巻く環境が年々厳しくなっていることは、ご承知の通りです。こうした中、大学経営の安定化を図る上でも基金の強化が求められています。

多くの優秀な人材を本学から社会に送り出すために、法人と個人の皆様からのご寄附をお願いいたします。寄附金の管理・運営につきましては本学が責任をもって行います。なお、寄附金額に応じた税法上の優遇措置も設けられておりますのでご活用ください。

今後とも本学へのご理解とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    広島大学基金について

    広島大学では、広島大学基金を平成19年に設立いたしました。

    この基金は、卒業生の皆様や、一般の個人・法人を問わず多くの方々の支援によって成り立つものです。

    是非、本基金の趣旨にご賛同いただき、皆様からのご寄附をお願いします。
    皆様からの貴重な寄附金につきましては、本学で責任を持って管理し、学生支援制度の実施・充実などに充てていきます。

    皆様からの幅広いご支援をどうぞよろしくお願いします。

    また本学では、広島大学基金以外の特定研究領域の学術振興を図るための寄附金や特定学部・研究科を指定した学生奨学金も幅広く受け入れています。

     

    基金の使途

    ご寄附いただいた資金は、フェニックス奨学事業をはじめとした学生支援や国際交流、研究支援など全学的事業の実施に活用させていただきます。 
    世界トップ100の総合研究大学を目指し、「平和を希求する国際的教養人」を育成するために、各種事業を支援しています。

     

     

    フェニックス奨学制度

    本学では、学力が優秀でありながら経済的理由により大学進学が困難な人を支援するため、独自の奨学制度を設けています。

    フェニックス奨学制度

     

    修学継続奨励金制度

    本学では、昨今の長引く景気低迷により、学力が優秀であるにもかかわらず経済的に困窮する学生を支援するため、本学独自の資金により「広島大学修学継続奨励金」(奨学金支給)制度を設けています。

    修学継続奨励金制度

     

    START(スタート)プログラム

    このプログラムの目的は、学部1年次生が海外の協定大学で学ぶとともに、現地学生との交流・ディスカッションを行い、日本と異なる文化・環境を体験することで、国際交流や長期留学への関心を高めることです。
    また、STARTプログラムでは、参加費用の一部を大学が補助することで、学生の経済的負担を大幅に軽減し、より多くの学生が留学に挑戦する可能性を広げることを目指しています。

    STARTプログラム

     

    大学院学生のための国際学会発表支援制度

    広島大学大学院に在籍する日本人学生が、海外で開催される国際学会において外国語で発表( 口頭発表又はポスター発表)する場合、当該研究科に支援する。

    大学院学生のための国際学会発表支援制度

     

    グローバル環境リーダー育成プログラム奨励金

    グローバル環境リーダー育成プログラムでは、全学をあげた「分野融合」による環境研究の拠点として、既存の学問分野のみでは解決できない人類社会が直面する環境課題の解決、教育研究の成果の社会への還元と貢献を通して、世界の持続的な成長を牽引する新たなグローバル環境リーダーの育成を行います。

    グローバル環境リーダー育成プログラム奨励金

     

    広島大学基金児玉派遣留学奨学金

    「広島大学基金児玉派遣留学奨学金」は、本学卒業生の児玉氏からの寄附金をもって、本学学生の中長期の海外派遣留学の推進を目的として設置されました。

    児玉派遣留学奨学金

     

    税制上の優遇措置

    法人の皆様

    本学への寄附金については、全額を損金算入することができます。【法人税法37条第3項第2号】

     

    個人の皆様

    ○所得税の寄附金控除
    寄附された年の総所得金額等の合計額から控除を受けることができます。
     
     寄附金控除額 = 寄附金額 − 2,000円 
     ※控除を受けられる寄附金額は、総所得金額等の40%が上限です。
     
    【例1: 年収700万円、配偶者、子ども2名の家族構成の方が、本学へ50,000円寄附された場合】

    所得税率  10%       所得税の軽減額=(50,000円-2,000円)×10%=4,800円

    【例2: 年収1,000万円、配偶者、子ども2名の家族構成の方が、本学へ100万円寄附された場合】

    所得税率  20%       所得税の軽減額=(100万円-2,000円)×20%=199,600円

    ※ 上記の金額はあくまでも目安です。

      実際には、収入金額や家族構成のほか、各種の所得控除等により軽減される金額は異なりますのでご注意ください。

    ○個人住民税(道府県民税・市町村民税)の寄附金税額控除
    寄附された年の翌年1月1日現在、指定団体(※)にお住まいの方は、個人住民税の寄附金税額控除を受けることができます。
     
    税額控除額 = ( 寄附金額 − 2,000円 )×控除率 
    ※控除を受けられる寄附金額は、総所得金額等の30%が上限です。 
    ※控除率は、以下のとおりです。 

     都道府県から指定を受けた場合の控除率  4% 

     市区町村から指定を受けた場合の控除率  6% 

     都道府県・市区町村の両方から指定を受けた場合の控除率  10%(4%+6%)
     
    ※指定団体について

    現在、本学に対する寄附金を寄附金税額控除の対象として条例で指定している都道府県・市区町村
    (広島県、東広島市、広島市、福山市、三原市)

     

    今後、上記の地方団体以外からも指定を受ける可能性がありますので、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

    【例1: 広島県東広島市にお住まいの方が、本学へ50,000円寄附された場合】
    (県民税と市民税の両方が税額控除の対象となります。)
    税額控除額=(50,000円−2,000円)×10%=4,800円 (県民税:1,920円、市民税:2,880円)

    【例2: 広島県広島市にお住まいの方が、本学へ100万円寄附された場合】

    (県民税と市民税の両方が税額控除の対象となります。)

    税額控除額=(100万円−2,000円)×10%=99,800円 (県民税:39,920円、市民税:59,880円)

     

    【例3: 広島県A市にお住まいの方が、本学へ100万円寄附された場合】

    (県民税のみ税額控除の対象となります。)
    税額控除額=(100万円−2,000円)×4%=39,920円  (県民税:39,920円)

     
    控除を受けるための手続き

    ○お住まいの都道府県・市区町村が、本学への寄附金を控除対象として指定しておらず、所得税の寄附金控除の適用のみを受けようとする場合は所轄の税務署に、所得税の確定申告を行ってください。

    ○所得税の寄附金控除と個人住民税の寄附金税額控除の両方の適用を受けようとする場合は、所轄の税務署に所得税の確定申告を行ってください。

    ○給与所得者又は年金所得者で、所得税の確定申告をせず、個人住民税の寄附金税額控除の適用のみを受けようとする場合は、お住まいの市区町村に対して簡易な申告書を提出すればよいこととなっております。 この場合、所得税の寄附金控除は受けられませんのでご注意ください。

    ○確定申告又は市区町村への申告に当たっては、本学から送付する「寄附金領収書」が必要となります。

    ○個人住民税の寄附金税額控除の適用を受けられるかどうかは、寄附された年の翌年1月1日現在にお住まいの都道府県・市区町村における指定の内容により判定されます。 
    ※今後、上記の地方団体以外からも指定を受ける可能性がありますので、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

     

    【例: A市、B県が本学への寄附金を指定していない場合】

    寄附された年の住所

    寄附された年の翌年
    1月1日現在の住所

    適用の可否

    道府県民税

    市町村税

    広島県東広島市

    広島県A市

    ×

    B県

    広島県東広島市

     ○所得税の確定申告の詳細については所轄の税務署へ、市区町村への申告の詳細については各市区町村の住民税担当課へお問い合わせください。

     

    寄附金領収書について

    領収書の発行を希望される場合は、ご入金の後、本学から寄附金領収書をお送りします。
    この寄附金領収書は、税制上の優遇措置を受けるための申告に必要となりますので、相当期間大切に保管しておいてください。

     

    <広島大学HPより引用>

    <画像(Author:ACheng-en Cheng さん、License:CC by-sa 2.0、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:広島大学_(14260871616).jpg)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>