• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

兵庫教育大学は、創設以来、学校現場のニーズや課題、教育政策などの変化に応じて絶えずカリキュラムや専攻・コースの構成に改良を加えて進化し、わが国の教育の先導モデルとなってきました。今後も社会の変化に伴って学校現場で生じる様々な教育課題に対応していくため、果たすべき役割は益々重要になるものと考えております。

一方、国立大学法人化以降の大学運営は、国から交付される基盤的経費が年々削減されるというきわめて厳しい状況に置かれており、人件費や管理的経費の削減、己収入の確保など、様々な経営努力に取り組んでいるところですが、教育研究の質を維持・向上させるために必要な財源を十分確保することが困難な状況です。

そこで、本学では、教育研究の充実を図ることを目的に「兵庫教育大学教育研究振興基金」を設立しております。この基金は、教員養成の拠点大学として本学が引き続き社会に貢献していくため、教育研究施設の整備や、学生の海外留学及び外国人留学生の受入支援などのほか、大学と大学院同窓会との共同研究の実施など、大学と修了生の双方が教育現場の諸課題、実践活動の記録、研究成果などを発信、共有することによる教育実践研究の拠点としての活動にも活用しております。

つきましては、本制度の趣旨にご理解、ご賛同いただき、特段のご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    基金による主な事業

     

    教育実践学の教育研究拠点の形成‥‥教材文化資料館の運営等

    授業実践の改善に資する教材文化資料を収集・開発・発信する研究教育拠点として設置された教材文化資料館の運営を支援しています。教材文化資料館では、本学が収集した歴史的に価値の高い教材文化資料や教育実践に関わる教材・教具の展示、資料を活用した教育研究成果や地域・学校現場との共同研究の成果の発信などの活動を行っています。また、学校現場の実践記録を永続的にアーカイブ化するとともに、優れた実践例を基に現場と共同で現場教員の役に立つ教材を開発し、インターネットを介して発信するなどの活動を行っています。

     

    同窓会と大学の共同研究‥‥修了生と大学教員による共同研究の支援等

    大学院修了生と大学教員とが共同で取り組む研究を支援しています大学院同窓会と大学が連携して、教育現場の諸課題、実践活動の記録、研究成果などを発信、共有することによる教育実践研究の拠点としての活動を推進し、学校現場の課題解決並びに本学の実践的な教育研究の進展に寄与することをめざしています。

     

    国際交流の推進‥‥グローバリゼーション対応教育研究振興基金の運営等

    将来、教員となる学生に、国際感覚・素養を身に付けさせるため、グローバリゼーション対応教育研究振興基金を設立し、学生の海外留学や外国人教員留学生の受入れの支援、海外の大学・研究機関との人的交流を促進し、「国際交流・国際支援」を推進しています。

     

    教育研究環境の整備‥‥附属学校園の教育研究施設の整備等

    本学の教育・研究の理念・ミッション・ビジョンを実現していくため、その基盤となる大学及び附属学校園の教育研究施設を整備して、知の拠点にふさわしい教育環境作りを進めています。

     

    募金要項

    ご協力をお願いする金額

    ○個人 一口5,000円
    本基金の趣旨をご理解いただき、なにとぞ複数口のご協力をお願いいたします。

     

    ○法人
    法人等団体からのご寄附につきましては、一口の金額は特に定めておりません。

     

    ○賛助会員
    ・個人 一口(年額5,000円)から
    ・法人等団体 一口(年額50,000円)から

    ※本基金が実施する支援事業を安定して継続していくために賛助会員制度を設けております。ご賛同いただける方は、ぜひ賛助会員にご加入ください。

     

    寄附金の免税措置

    個人や法人からの「兵庫教育大学教育研究振興基金」に対する寄附については、下記のとおり個人または法人の所得から控除され、税制上の優遇措置を受けることができます。

     

    ○個人の場合
    寄附金が2千円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。ただし、寄附金の額が総所得金額等の40%を上回る場合は40%が限度となります。

     

    ○法人の場合
    全額損金算入が可能です。

     

    ※免税措置の手続きについて
    減免措置を受ける手続きは、寄附をされた翌年の確定申告期間中に、本学発行の「寄附金領収書」を添えて、所轄税務署に確定申告をしてください。

     

    <兵庫教育大学HPより引用>

    <画像(Author:Mti さん、License:CC-BY-SA-3.0、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hyogo_University_of_Teacher_Education_gate.JPG)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>