香川大学 香川大学寄附金

  • 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

本学の教育研究の奨励を目的として、企業や個人等(寄附者)の方から寄附金を募りご支援をいただく制度です。

具体的には次のようなことのために使わせていただきます。
○本学の学生、生徒、児童又は幼児のための学資として使用します。
○本学の学生、生徒、児童又は幼児のための図書、機械、器具、標本等の物品の購入に使用します。
○教員等の学術研究、教育活動の発展や支援のために使用します。
○大学の管理・運営のために使用します。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    寄附金制度

    本学の教育研究の奨励を目的として、企業や個人等(寄附者)の方から寄附金を募りご支援をいただく制度です。

     

    具体的には次のようなことのために使わせていただきます。
    ○本学の学生、生徒、児童又は幼児のための学資として使用します。
    本学の学生、生徒、児童又は幼児のための図書、機械、器具、標本等の物品の購入に使用します。
    教員等の学術研究、教育活動の発展や支援のために使用します。
    大学の管理・運営のために使用します。

     

    受入の制限

    「寄附金」を受け入れようとする場合、以下に掲げる条件が付されているものは、受け入れることができません。

     

    ○寄附金により取得した財産を無償で寄附者に譲与すること。
    ○寄附金による学術研究の結果得られた特許権、実用新案権、意匠権、商標権及び著作権その他これらに準ずる権利を寄附者に譲渡し、又は使用させること。
    ○寄附金の使用について、寄附者が会計検査を行うこととされていること。
    ○寄附申込後、寄附者がその意思により寄附金の全部又は一部を取り消すことができること。
    ○その他学長が教育研究上支障があると認める条件。

     

    受け入れ手続き

    産学連携・寄附金制度

     

    国立大学法人に対する寄附についての税制上の優遇措置

    【所得税控除】
    個人や法人からの国立大学法人に対する寄附については、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金または、法人税法上の全額損金算入を認められる指定寄附金として財務大臣から指定されています。

     

    個人・・・2千円を超える部分について、寄附金を支出した年中総所得の40%を限度に当該所得から控除可能です。
    法人・・・全額損金算入可能です。

     

    【個人住民税の寄附金控除】
    個人(
    香川県にお住まいの方)から本学医学部附属病院の業務に対して支出された寄附金については、地方税法上の寄附金控除の対象となる寄附金として香川県税条例で指定されています。

     

    ○個人・・・2千円を超える部分について、寄附金を支出した年中総所得の30%を限度に個人住民税から控除可能です。

     

    確定申告の際に、国立大学法人に対する寄附であることを証明する書類として、寄附者の方へ寄附金を受領した旨の『寄附金領収書』を送付いたしますので、相当期間大切に保管してください。

     

    ご注意ください

    教育研究に対する寄附であっても、寄附者の方の意向により本学に寄附しないで、教員個人に対して寄附する場合は、寄附者の方から教員が受領し、あらためて当該教員が本学に寄附することになります。

     

    <香川大学HPより引用>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>