• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

鹿大「進取の精神」支援基金は、地域活性化の中核的拠点の構築、世界に開かれた教育・研究拠点の形成を図るため、人材育成及びイノベーション機能の強化、質の高い教育研究の推進及び地域貢献活動の一層の活性化に向けて整備・充実を図ることを目的としております。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    基金による大学事業

    鹿大「進取の精神」支援基金は、本学の様々な分野を支援します。

     

    学生、留学生を支援します

    ○海外留学の支援

    国際的な視野を持ち、コミュニケーション能力や異文化理解力を備え、国際社会で活躍できる人材を育成するため、学生の海外研修や海外の大学への留学を支援します。

     

    ○学習及び社会貢献・研究活動の支援

    学生自らが、困難な課題に果敢に挑戦する「進取の精神」の実践により、企画・運営・実施する様々な学習・研究活動の支援や、自然災害により被災した地域の救援・復旧のためのボランティア活動などの社会貢献活動を支援します。

     

    研究を支援します

    ○研究者支援の充実

    次世代を担う若手教員の教育研究能力等の向上を図るため、海外の教育研究機関での研修支援や、若手研究者や女性研究者の研究活動費の助成などを充実します。

     

    社会連携活動を支援します

    ○地域貢献の充実

    培われた学術研究と教育成果を活かして、地域再生の核となる大学づくりに努めます。地域の知の拠点として、地域で活躍する人材の養成、地域課題の解決、社会人教育や生涯学習の提供に取り組みます。

     

    卒業生・産業界・自治体等との連携を支援します

    ○同窓会や産学官との連携強化

    ホームカミングデー等、同窓生が相互に連携できる活動や、産業界や自治体等と連携し、本学で産まれた研究成果及び人的資源を活用することで、地域社会が抱える課題を解決するための活動の強化を図ります。

     

    目標額

    5億円

     

    寄附の単位

    1口 1万円

     

    募金開始時期

    平成27年4月から

     

    税制上の優遇措置

    鹿児島大学へのご寄附に対しましては、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。

     

    ご寄附者様が個人の場合

    1.所得税の控除

    所得税法により、その年に支出した寄附金の額(所得の40%が限度)から2,000円を引いた額を、所得税の課税所得から控除することができます。

    ※国立大学法人鹿児島大学が発行した「寄附金領収証書」を添えて、所轄税務署に確定申告してください。

     

    2.住民税の軽減

    平成20年度の税制改正により、個人住民税の寄附金控除制度が拡充され、自治体が条例で指定した寄附金が新たに控除対象となりました。

    2千円を超え総所得金額等の30%までの寄附金額に対して、都道府県は税率4%、市区町村は税率6%を乗じた額が控除されます。

    ※国立大学法人鹿児島大学は、現在、鹿児島県、鹿児島市から指定を受けております。

    ※その他の自治体につきましては、各自治体へお問い合わせください。

     

    ご寄附者様が法人の場合

    法人税法により、寄附金の全額を損金算入することができます。

     

    <鹿児島大学HPより引用>

    <画像(Author:Hykw-a4 さん、License:CC by-sa 3.0 Unported、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kagoshimauniv.jpg)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>