• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

国立大学は平成16年度の法人化以後、様々な試練を乗り越えてきましたが、変革の波は治まったわけではありません。
大学の機能強化、グローバル化対応、ガバナンス強化など、喫緊の課題が山積しております。

この荒海を乗り切って新たな希望に向かって進むために、新たなビジョン「先端研究・文理融合研究で輝く卓越研究大学へ」を
掲げました。

様々な連携・融合の力により世界最高水準の教育研究を行うという、このビジョンを達成するためには、大学運営の財政的基盤の充実が不可欠であります。

現在、学内運営の効率化を進めておりますが、加えて、学内教職員はもとより、卒業生、学生保護者、並びに、企業の皆様にご支援のお願いをしているところであります。

何卒この趣旨をご理解いただき、神戸大学基金 にお力添えを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    神戸大学基金の事業

    皆様には「神戸大学基金」を通じ、本学の発展にご協力を賜り誠にありがとうございます。

    2016年3月末現在における事業の活動内容を報告させていただきます。

    今後も引き続き下記の活動の強化・拡充を図るとともに、新しい分野にも支援の輪を拡大したいと考えていますので、是非とも引き続き「神戸大学基金」にお力添えを賜りますようお願い申しあげます。

     

    ~国際化への対応をはじめ、多彩な活動を支援 ~

     

    神戸大学グローバル教育戦略の推進
    明確な目標を持った優秀な学生の海外留学・研修への派遣を支援

    ・海外協定校への学生の派遣支援

    ・海外外国語研修への支援
    ・短期留学・研修・海外インターンシップ・ボランティアの支援
    ・国際学会等派遣への支援

     

    海外に向けた発信への支援

    ・研究者向け英語論文作成の個人指導
    ・学部生向け英語プレゼンテーション指導等

     

    海外からの優秀な留学生の受け入れによる「グローバル・ハブ・キャンパス」の実現

    ・ダブルディグリープログラム等に参加する協定大学からの留学生への支援

     

    神戸大学基金奨学金制度の充実

    神戸大学基金緊急奨学金

    ・災害や不慮の出来事による修学・生活困窮学生への支援として奨学一時金 (25万円) の給付

     

    神戸大学基金奨学金 (新1年次対象)

    ・優秀かつ生活が困窮している新1年次生への支援として年額50万円以内の奨学金の給付

     

    学生の課外活動・ボランティア活動支援

    ・顕著な活動実績をあげた課外団体・個人への支援
    ・東日本大震災関係学生ボランティア活動支援等

     

    東京地区におけるプレゼンス向上活動支援

    ・首都圏における同窓生とのネットワークの構築・強化
    ・首都圏における情報発信業務・イベント等の支援業務
    ・在学生の首都圏における活動支援

     

    施設環境整備

    ・教育施設、体育施設、課外活動施設の整備等
    ・登録有形文化財等の施設の充実

     

    寄附者名称記念事業 (冠事業)

    一定額以上のご寄附をいただいた皆様のお名前を本学の建物、講座、奨学金等に冠し、寄附目的に沿った形で優れた人材の育成・卓越した研究の遂行に役立てます。

     

    寄附建物

    皆様からいただいた寄附金によって建てられた建築物には、ご寄附いただいた方への感謝の意を込めて、冠を付して顕彰させていただきます。

     

    寄附講座

    皆様からいただいた寄附金によって、神戸大学に「寄附講座」や「寄附研究部門」を開設します。寄附講座 (研究部門) では、寄附目的に沿った教育研究を行い、優れた研究の促進や、次代を担う人材の育成を行います。

     

    冠奨学金

    皆様からいただいた寄附金によって、「冠奨学金」を設けます。寄附目的に応じて、学業成績優秀学生に対する奨学支援、特定の研究に対する研究補助などに使用させていただきます。

     

    税制上の優遇措置

    神戸大学に対するご寄附については、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。

     

    ○寄附者が法人の場合

    寄附金の全額が損金算入できます。

     

    ○寄附者が個人の場合

    所得税の優遇措置 寄附金額 (寄附金の合計額が総所得金額等の40%を上回っている場合、総所得金額等の40%) から2千円を除いた額について所得控除を受けることができます。
    個人市民税の優遇措置 神戸市市税条例により指定を受けていますので、本学に寄附した翌年の1月1日に神戸市にお住まいの方は、個人市民税の税額控除を受けることができます。(平成23年1月1日以降の寄附より適用)
    寄附金額 (寄附金の合計額が総所得金額等の30%を上回っている場合、総所得金額等の30%) から2千円を除いた額に6%を乗じた額が、寄附した翌年度の個人市民税から軽減されます。

     

    ※ご入金いただきますと「寄附金領収書」をお送りします。「寄附金領収書」は確定申告に必要となりますので、大切に保管ください。

     

    <神戸大学HPより引用>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>