• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

奈良女子大学は平成16年4月1日から国立大学法人として新たな一歩を進めることになりました。法人化後すでに10年以上が経過しましたが、明治41(1908)年の奈良女子高等師範学校創立、昭和24(1949)年の奈良女子大学発足という歴史の中で「女性リーダーの育成」を使命として多くの有為な女性人材を輩出し続けています。

創立90周年記念や100周年記念でご寄附頂きました寄附金を原資とした奈良女子大学基金および奈良女子大学国際交流基金を統合して、平成26年に「奈良女子大学なでしこ基金」を創設しました。基金の名称である「なでしこ」は本学の学章の核となる中心部にひそかに配置されていますが、可憐でしなやかなイメージを持ちます。また近年活躍がめざましいサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」のイメージから、応援団としての寄附者と在学生と卒業生がチームとして生涯助け合う姿を実現しようという意志も含んでいます。留学生や苦学生、優秀な学生への支援は無論、キャンパスを綺麗に保つこと、大学院生のための学生寄宿舎を用意することなど、多くの支援課題を持っています。

文化勲章受章者で、本学名誉教授であった、日本を代表する数学者 岡 潔博士(1901-1978)は、昭和24(1949)年から定年を迎える昭和39(1964)年まで本学で教鞭をとりました。岡博士は、「奈良は日本文化の発祥地で、民族としての劣等感を持たない時代の文化が栄えた所だけに、本当に良い所だと思う」とこの地を称揚しました。1300年前にこの奈良の地で、聖武天皇は東大寺に大仏を造立されるとき自分一人で造るのではなく、「一枝の草、一把の土」を持って協力したいという人々の心を大切にされました。その御心は可憐でしなやかですが、実は最強であることを教えてくれます。時を平成に移して同じ奈良の地から、私は本学を世界一の女子大学にするという大願を立てました。この大きな飛躍のために、これまでの皆様のご厚志に改めまして感謝いたしますとともに、今後ともご支援を賜りますようお願いいたします。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    奈良女子大学における学生支援、国際交流、教育・研究活動及び地域貢献などを充実・発展させるために、皆様方からの寄附金は大学が行う次の事業の資金とさせていただき、事業のより一層の充実を図ります。
    なお、ご寄附の際に使途を希望される場合は、そのご意向に沿って有効に活用させていただきます。

     

    基金による事業

    学生育英事業

    ・優秀な学生への奨学金の整備・充実
    ・大地震等の大規模災害時の学資援助等

     

    教育・研究環境整備事業

    ・教育・研究活動に対する支援
      将来性が見込める優れた研究者に対する研究支援
      学生のための教育研究機器の整備

    ・キャンパス、施設・環境整備等
      教育研究棟の整備
      体育館、グランド、課外活動施設の整備
      記念館の整備
      キャンパス内緑化整備

     

    国際交流事業

    ・留学生への支援
    ・外国の大学との教育研究協力、交流への支援等

     

    地域貢献事業

    ・多様な生涯学習機会への支援等

     

    基金事業全般

    ・奈良女子大学全体の活動への支援

     

    ご協力をお願いする金額

    一口当たり 2,000円(二口以上のご協力をお願いします。)

     

    税制上の優遇措置

    「奈良女子大学なでしこ基金」へのご寄附は、税法上の優遇措置が受けられます。
    ご寄附いただいた寄附金については、以下の基準により課税所得から控除されます。

     

    ○個人からのご寄附(所得税法第78条第2項第2号、地方自治体の条例)

    (1)所得税の優遇措置
    所得税法上の「寄附金控除」の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第2号)の税法上の優遇措置を受けることができます。
    総所得金額等の40%を上限とした寄附金額について、「寄附金額-2,000円」の額が所得から控除されます。

     

    (2)個人住民税(県民税・市町村民税)の優遇措置
    奈良県にお住まいの方は、所得税の寄附金控除に加えて、個人県民税が軽減されます。
    また、お住まいの地域によっては個人市町村民税につきましても優遇措置を受けられる場合があります。詳細につきましては、各市町村税務担当課にご確認ください。
    2,000円を超え総所得金額等の30%までの寄付金額に対して、都道府県は税率4%、市区町村は税率6%を乗じた額が控除されます。
    ・控除額=(寄付金額-2,000円)×(4%【県民税】+6%【市町村税】)

    奈良県以外にお住まいの方は、取扱いが異なりますので、それぞれお住まいの都道府県及び市町村にお問い合わせください。

    算出例:課税所得500万円で奈良市にお住まいの方が、10万円を寄附された場合
     
    【所得税の軽減額】
    ・寄附していない場合   5,000,000円×20%(税率)-427,500円(控除額)=572,500円
    ・10万円を寄付した場合   {5,000,000円-(100,000円-2,000円)}×20%(税率)-427,500円(控除額)=552,900円
    572,500円-552,900円=19,600円(所得税の軽減額)

    【個人住民税の軽減額】
    (100,000円-2,000円)×10%(奈良県:4%+奈良市:6%)=9,800円(個人住民税の軽減額)

    このことから、課税所得500万円で奈良市にお住まいの方が、10万円を寄附された場合は、所得税の軽減額19,600円+個人住民税の 軽減額9,800円の合計29,400円が税制上の優遇措置による軽減額となります(実質負担額は70,600円)。
    なお、この例はあくまでも目安です。収入の種類、各種所得控除等により変動が生ずることがあります。

     

    ○法人等からのご寄附(法人税法第37条第3項第2号)

    寄附金の全額を損金に算入することができます。ただし、寄附額が当該事業年度に係る損金算入限度額を超える場合には、当該損金算入限度額に相当する金額。

     

    優遇措置を受ける手続き

    確定申告期間に、本学が発行した「寄附金領収書」を添えて税務署に申告してください。
    (税務署で確定申告を行うと、所得税と個人住民税の両方の控除を受けることができます。)
    住民税の寄附金控除のみを受ける場合は、市町村に申告してください。「寄附金領収書」は、寄附金のご入金を確認次第お送りいたします。

     

    <奈良女子大学HPより引用>

    <画像(Author:663highland さん、License:CC-BY-SA-3.0-migrated、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nara_Women%27s_University_Nara_Japan09n.jpg)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>