• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

大阪教育大学は、1874年(明治7年)5月に設置された教員伝習所をその起源とし、140年の歴史と伝統を有する我が国有数の先導的な教員養成系大学です。教育の充実と文化の発展に貢献し、とりわけ教育界における有為な人材の育成に貢献してきました。現在、在籍している学生は約4800人、附属学校園の児童・生徒は約4900人を数え、本学を巣立った人材は、教育界をはじめ様々な分野で活躍しております。

日本の高等教育機関に対する公的支出は、OECD諸国の中で低いレベルにあり、国立大学法人に対する国の支援も年々厳しさを増してきております。これまでの本学の歴史と伝統を絶やすことなく、世界に有益な人材を輩出するために、このたび「大阪教育大学基金」を創設いたしました。

本基金が目指す第一の目標は、附属学校園を含む学生の修学支援です。そして、その上で進展しつつあるグローバル化に対応するため、学生が国際的な場で活躍できる能力を身に着けていけるよう附属学校段階からの学習支援を行います。

さらに、よりよい学園生活を送るためのキャンパス環境の整備にも力を入れていきます。また、高等教育機関として、教育研究、国際交流、社会連携についても一層の充実に努め、社会の要請に応えて参ります。

これらの実現には皆様のご支援が非常に大きな力となります。どうか趣旨にご賛同いただき、力強いご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    基金の概要

    基金名称

    大阪教育大学基金

     

    事業内容

    本学の財政基盤を長期的に支えるとともに、大学及び附属学校園などにおける学生等への支援及び教育研究支援並びに国際交流及び社会連携の推進等を図ることを目的に以下の事業を行います。

    (1) 修学支援事業
    (2) 教育研究の充実支援事業
    (3) 国際交流等グローバル化の推進支援事業
    (4) 社会連携推進支援事業
    (5) 教育の高度化及びスポーツ・芸術の推進支援事業
    (6) キャンパス環境の整備充実事業
    (7) その他基金の充実及び目的の達成に必要な事業

     

    ご協力をお願いする金額

    一口 1000円

     

    寄附金に対する減免税措置

    本学にご寄附いただいた寄附金については,税制上の優遇措置を受けることができます。本学が発行した「寄附金領収書」を控除証明書としてご利用いただき,確定申告により手続きをお取り下さい。

     

    ○個人の場合

    ◆所得税の所得控除について
    2千円を超えた総所得金額等の40%までの寄附金額について,ご寄附された当該年の所得から所得控除ができます。

    【年収500万円の方が寄附控除により還付される所得税の目安】

    寄附金額
    1万円
    5万円
    20万円
    50万円
    所得控除
    1,600円
    9,600円
    39,600円
    99,600円

    ※あくまでも目安であり,各種条件により大きく変わります。詳しくはお住まいの地域の税務署にご確認ください。

    ◆個人住民税の税額控除について
    上記減免税措置に合わせてさらに,大阪市にお住まいの方は,2,000円を超えた総所得金額等の30%までの寄附金額に対して,6%を乗じた額が,ご寄附された当該年の翌年の個人住民税額から控除されます。

    住民税の税額控除計算式

     

    ○法人の場合

    法人税法第37条第3項第2号により,寄附金の全額を損金算入することができます。

     

    <大阪教育大学HPより引用>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>