• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

次のようなご支援を目的とした寄附金です。

学術研究助成、学生の奨励、資格試験受験のための助成 など。

寄附条件等により本学の業務運営に支障が生じると考えられる場合や寄附金を受け入れることによって本学の財政負担を伴う場合、利害関係が生じる場合等はご寄附をお受けできないことがございます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    小樽商科大学は明治4 4 年、わが国 5 番目の高等商業学校として開学し、以来「実学、語 学及び品格」の育成をモットーに掲げ、「北に一星あり、小なれどその輝光強し。」と謳われ、 小規模ながら北の名門大学として の伝統を築いてまいりました。平成2 3 年には創立百周年を 迎えました。 しかし、国の財政状況の悪化にともない国立大学に対して国から交付される運営費交付金は 毎年のように減額され、また少子化にともなう国公私の大学間競争はさらに激化するなど極めて 厳しい状況におかれています。地方・小規模・文系単科大学である本学は決して優位な立場に あるとはいえません。 かつての本学は、小樽高商創立の経緯、戦後の大学への単独昇格、近年の札幌サテライト の設置、専門職大学院ビジネススクールの設置などの歴史を振り返りますと、卒業生や市民そ して経済界等の各方面からの御支援を得て逆境を乗り越え飛躍のバネとしてきました。 この伝統を継承し、創立百周年を機に、本学に皆様のご寄付から成る教育振興基金を設けま した。この基金の目的は、困難な大学財政の中にあっても、学生諸君の自由闊達な活動を積 極的に支援する財政基盤を確保することです。例えば、全国大会出場を果たしたクラブの遠征 費を補助することなどを行っています。 いまわが国は東日本大震災、それにともなう福島原子力発電所事故と国難ともいえる状況に 直面しています。わが国の復興を担うのは、いうまでもなく今大学で学ぶ学生諸君です。学生 諸君の正課、課外を含めた「学び」こそが、わが国の復興そして世界にも類を見ない高齢化 社会を支える基盤にほかなりません。 また、この基金に支えられた学生諸君の自由闊達な活動、そこから得られる学び、そして学 びを活かした社会での活躍が、本学が小樽の地で小規模ながら世界の中の名門大学として認 知される基礎でもあります。 是非、本基金の趣旨を御理解頂き、御支援と御高配を賜るよう切にお願い致します。

     

    <小樽商科大学HPより引用>

    <写真はイメージです ©PIXTA>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>