• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

埼玉大学は、多様なニーズや研究リソースを持つ首都圏にあって、埼玉県下唯一の国立大学であるという特性を活かし、時代を超えた大学の機能である「知の継承と発展」を実行、新しい知の創造を通して社会に貢献することを基本的な使命としています。
日本の社会経済状況の変化の中、国立大学はそれぞれに、社会の変革を担う人材の育成やイノベーションの創出といった役割を果たすため、機能強化に取り組むことが求められています。埼玉大学では、大学全体として行いうる機能強化のための戦略を、研究力の強化と人材育成の強化という形で具現化しました。本学のこの構想「学部の枠を越えた再編・連携による大学改革 ~ミッションの再定義に基づく研究力と人材育成の強化~」は、大学改革の先導的モデルとして文部科学省から高く評価され、現在、全構成員が一丸となり、将来を見据えて、構想実現に向け邁進しています。
「埼玉大学基金」は、この機能強化戦略を着実かつより効果的に実施し、その成果をもって広く社会に貢献していくため、これまでの「埼玉大学発展基金」を、明確な目的の下に各般での具体的な支援事業を定めて、2013年に設立し直したものです。
埼玉大学は1949年に開学して以来、65年の時を重ねました。埼玉大学の長い歴史にあって、この機能強化構想は極めて大きなものです。学長のリーダーシップの下、中堅国立大学としてのミッションをしっかり見極め、埼玉大学ならではの個性を着実に磨いて新たな歴史を刻みたく思います。皆様には、ダイナミックに変革する埼玉大学にご注目いただくとともに、「埼玉大学基金」の趣旨に格段のご理解を賜り、何卒お力添えくださいますよう心よりお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    埼玉大学基金について

     

    埼玉大学基金とは

    埼玉大学は、社会の変革を担う人材・グローバル人材の育成、世界的な研究成果やイノベーションの創出など、 国民や社会の期待に応えるべく、大学機能を抜本的に強化する「強化戦略」として「学部の枠を越えた再編・連携による大学改革」の構想を固め、実現に向け邁進してまいります。
    このため、これまで多くの皆様のご理解とご協力を賜ってまいりました「埼玉大学発展基金」を、明確な2つの目的、具体的支援事業をもって再構築し、「埼玉大学基金」として新たに設立いたしました。

     

    埼玉大学基金の構成

    埼玉大学基金は、次の2つの目的をもって構成されています。

     

    ○目的1:特定重点事業 (埼玉大学70周年(平成31年度)記念事業)

    「埼玉大学インターナショナルレジデンス(国際学生寮)」新設事業

     

    ○目的2:埼玉大学の機能強化等将来構想実現に向けた中・長期戦略事業

     

     ※これまでの「埼玉大学発展基金」でのご寄附は「埼玉大学」が引き継ぎます。

    基金の構成

     

    埼玉大学基金の目的

    目的1

    埼玉大学は、現在約9,000名の学生のうち500名を超える外国人留学生を有しています。今後、幅広い視野と課題解決能力を備えたグローバル人材育成の質的・量的充実に向け、日本人学生に海外留学の機会を多く与えるとともに、外国人留学生を積極的に受入れ、日常的に日本人学生の国際意識の高揚に資する環境を整備します。この一環として、これら学生の双方向の交流の場となる混住型の「国際学生寮」を新設します。

    3つのねらい

    目的2

     

    埼玉大学の基本方針を具現化する取組の着実な実行とともに、激しく変化する社会に対応すべく大学機能の再構築と新たな展開に向けた事業を推進します。

    目的2-1

    目的2-2

    埼玉大学では、大学機能の強化に向けた上記の支援事業を推進してまいります。

     

    <埼玉大学HPより引用>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>