• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

信州大学は、長野県下各地に点在する高等教育機関7校を集めて発足し、長野県内に5つのキャンパスを持っています。それぞれの地域の歴史・伝統・文化を継承するとともに、「ものづくり長野県」の技術や産業の発展に貢献してまいりました。信州大学の強みとして、8学部による基礎研究や理工系・医学系の先端研究に限らず、人文・社会科学系の研究をも融合して、多くの自治体、企業・団体との連携が進んでいることが挙げられます。毎年「地域貢献度の高い大学」として上位にランクインしている理由のひとつは、本学が地域に根差して歩んできたことにあります。

先人の弛まぬ努力により継承されてきた人類知の森―。

この「知の森」は「知の継承(教育)と新しい知の創造(研究)」によって築かれます。信州「知の森」づくりとは、ここ、信州という郷土にしっかりと根を張った、伝統ある国立大学、信州大学の使命であり、総合大学ならではの学部・研究科を超える学問の協働、融合を通して人と地球の持続可能な社会実現のために、知の体系を確立するものであります。

信州大学は、総合大学としてさらなる成長をするために、「信州大学ビジョン2015」を策定し、大学運営に関する基本的な取組み(basic approach)を明確にした『信州「知の森」づくり PLAN“the FIRST 2013-2015”-持続可能な明日のために-』を定めました。「PLAN“the FIRST”」は信州大学が次のステージにワンランクアップすることを目標とし、学長の主導のもと各理事・副学長を中心に、すべての分野で教職員が一丸となって、大学改革に取り組むプランです。

信州大学は、教育・研究・社会貢献のすべての分野において、特色のある研究領域を結集した「先鋭領域融合研究群」、教育組織と教員組織を分離した「学術研究院」の設置、学生本位の視点にたった「学士課程教育の再編・強化」、「大学院課程の見直し」などをスピード感をもって実施してまいります。

信州「知の森」づくり、時代が期待する大学を運営するためには、財政基盤の確立が不可欠であり、公的財政のみに頼って経営する時代ではなくなりました。信州大学は、時代の激動する現在、さらなる発展を期すため、学生の修学環境の整備をはじめ、時代を見据えた教育、研究、地域連携、国際貢献を推進、深化させる活動の支援を目的とする「知の森基金」を創設し、さらなる高みを目指します。

信州大学知の森基金は、教育・研究の充実、学生等に対する奨学支援、国際交流・留学生支援、産学官連携・社会貢献活動等の事業に活用させていただきます。また、当面は世界で活躍するグローバル人材を育成するために、未来を担う学生や若手研究者の支援を予定しています。

信州大学の発展のために、そして信州「知の森」を豊かに大きく育てるために、私達とともにこの趣旨にご賛同いただき、「知の森基金」に対する格段のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    寄附の使途

    信州大学知の森基金は、教育・研究・社会連携・人材育成等を通じ、地域に根ざした大学として社会に貢献するために行う事業に資することを目的として発足しました。 本基金は、本学全体の活動を広く支援する「一般基金」と、使途を限定して特定の活動を支援する「特定基金」で構成され、企業・団体や個人の皆様など多くの方々からのご支援をお願いしております。
     

    一般基金

    知の森基金 奨学金事業(学生に対する奨学支援)

    • 入学サポート奨学金
      大学進学を希望しながら、学業優秀であるが経済的理由により進学を断念せざるを得ない高校生に対して、入学時に必要となる学資の一部を支援します。

     

    • 大学院奨学金
      優秀な若手研究者に対して、授業料など学費の一部を支援します。

     

    知の森基金 グローバル人材育成支援

    • 学生の海外活動支援(短期・長期)
      グローバル人材育成のために、学生の海外における活動(交換留学、私費留学、海外インターンシップ、海外ボランティア、研究留学 等)の活動費を支援します。

     

    • 外国人留学生への経済支援
      意欲的で優秀な質の高い留学生に対する奨学金を支援します。

     

    <信州大学HPより引用>

    <写真はイメージです>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>