• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

日頃から静岡大学の活動に対しご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

本学は、自由啓発・未来創成の理念の下、多様な背景・価値観を認め合い、豊かな人間性をはぐくみ、知の創成・継承・活用を推進し、人類の平和・幸福と地球の未来のため、地域社会と共に発展し、存在感のある大学となることを目指しています。

近年、我が国の財政状況は厳しく、本学に対する国からの予算は、年々縮小されております。本学においても経費節減等様々な自助努力を続けておりますが、教育・研究等の取組を安定的に推進するためには、さらなる財政基盤の強化が不可欠です。

このため、平成24年度に静岡大学未来創成基金を創設し、広く皆様から基金へのお力添えをお願いしております。少子化・グローバル化や大学間競争が激しくなる中で、趣旨にご賛同いただける皆様からの寄附金を、学生への奨学金や海外派遣などへの支援に活用させていただき、人材育成・社会連携を通じて広く社会に還元していく所存でございます。

つきましては、本学の今後の発展にお力添えくださる皆様のご支援を心からお待ち申し上げております。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    「静岡大学未来創成基金」について

    わたしたちの大学は、旧制の静岡高等学校、静岡第一師範学校、静岡第二師範学校、静岡青年師範学校、浜松工業専門学校(旧浜松高等工業学校)の統合と静岡県立農科大学の移管とともに、こんにちの「静岡大学」としてスタートを切りました。 これらの前身校では、「自由啓発」、「自由闊達」など、学生の主体性に重きをおく教育方針がとられました。
    静岡大学では、「自由啓発」を発展的に継承し、今後も教育・研究・社会連携の柱として、この「自由啓発」をもとに、学生・教職員は、平和で幸福な「未来創成」をめざして、教育、研究、社会連携に積極的に取り組んでいきます。

    「静岡大学未来創成基金」は、今後、こうした取り組みをさらに充実・発展させていくことを目的として創設されました。 皆様からのご寄附を、学生(留学生を含む)への奨学支援、学術研究や教育の充実・発展などに活用させていただき、人材養成や社会連携等によって、社会に還元していきたいと考えております。
    皆様のご理解とご支援をお待ちいたしております。

     

    寄附金の活用方法

    本学ではご寄附いただいた方の寄附目的に沿って次のように有効活用いたします。
     

    学生に対する奨学を目的とするもの

    ・優秀学生に対する奨学金等の援助

    • ・学生又は生徒に貸与又は給与する学資の援助
    • ・学生又は生徒に貸与又は給与する図書、機械、器具等の購入費の援助

     

    国際交流に対する助成を目的とするもの

    ・学生の諸外国留学に対する奨学金等の援助

    • ・国際会議等での学生の研究発表等の援助
    • ・外国人留学生に対する奨学金等の援助
    • ・国際共同研究等に対する援助
      (外国の研究機関との共同研究、国際シンポジウム、学術研究調査の開催など)
    • ・教職員の諸外国派遣経費の援助

     

    学術研究に対する助成を目的とするもの

    ・学術研究に対する援助
    (実験用機器等の購入費、研究調査等の旅費、研究補助員の経費など)

    • ・研究者(外国人を含む。)の招へい経費に対する援助
    • ・寄附講座、寄附研究部門の開設

     

    キャンパス整備に対する助成を目的とするもの

    ・教育・研究・連携に必要なキャンパス整備に対する援助

     

    税法上の優遇措置について — 個人の場合

    ○所得税控除
    当該寄附金の額(年間総所得額の40%を限度とする)から2,000円引いた額を当該年の所得から控除できる税法上の優遇措置を受けることができます。
     
    ○住民税控除
    静岡大学への寄附金を個人住民税の控除対象としている都道府県・市区町村(例えば静岡市、浜松市)にお住まいの方は寄附金控除を受けることができます。控除の対象につきましては、お手数ですが各自治体の税務の窓口にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
     
    税額控除のお手続きについて
    本学が発行した「寄附金領収書兼受領証明書」を添えて税務署に申告してください。
    住民税の寄附金控除のみを受ける場合は市町村に申告してください。
     
    <静岡大学HPより引用>

    <画像(Author: suruganokuniさん、License:CC-BY-SA-3.0,2.5,2.0,1.0、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Shizuokauniv4.jpg)>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>