• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

東京藝術大学は、我が国唯一の国立総合芸術大学であり、日本の芸術教育・研究の中枢として、幾多の優れた芸術家、芸術分野における教育者・研究者を輩出し、日本文化の伝統とその遺産を守りながら、海外の芸術思想及び技術等を摂取、融合を図り、常に新しい芸術表現の創造を推進してきました。

グローバル化が進む中で、日本を更なる文化立国、芸術立国にしていくため、世界の大学と伍していくために、これまでにない規模で世界一流のアーティストを教員として招き、学生と教員で行う「共同プロジェクト」や、留学生の受入・派遣の強化、それに伴う奨学金制度の創設、外国語教育の強化、大学院「国際芸術創造研究科」の新設、全国各地での若い音楽家の優れた才能を開花させる活動や、障害をもつ方とアートを通じて共に生きる「障害とアーツ」など、藝大が一丸となって藝術の力を信じて世界を舞台にした活動を展開していきます。

本学は「藝大基金」を礎として大きな旗を掲げ、芸術を通じ、国を超えて世界で活躍できる人が多く育つ、開かれた大学を、皆さまとともに育んでいきたいと思います。

輝く瞬間やこころを揺り動かす感動を、皆さまとともにつくり、喜びをつなげていくという、当基金の趣旨に何卒、ご理解とご賛同を賜り、格別のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。
また、当基金の活動をきっかけに、日本の文化芸術を育む誇りと楽しさの輪が広がっていくことを切に願っております。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    藝大基金の目的

    藝大基金は、本学の長期的・安定的な財政基盤として、さらなる教育研究活動や社会連携活動の一層の発展のため各種プロジェクト等を実行し、我が国における芸術文化の振興等に資することを目的としています。

     

    寄附の種類・事業

    • ○未来寄附金
    • ○プロジェクト基金
    • ○学部・大学院への支援

     

    未来寄附金

    • ・教育と研究活動への支援
    • ・学生への奨学金制度支援
    • ・国際交流への支援
    • ・社会および卒業生との連携への支援
    • ・キャンパス整備への支援
    • ・その他藝大基金の目的達成に必要な事業

     

    プロジェクト基金

    事業を指定したご寄附を受け賜ります。

     

    税制上のメリット

    個人の寄附

    個人で2,000円以上の寄附をされた方は、本学の発行した「寄附金領収書」を添えて確定申告を行うことにより、「所得税」と一部地域の「住民税」が控除の対象になります。

     

    • ○所得税

      下記の金額が、その年の所得税の課税所得から控除されます。
      課税所得の控除額 = 寄附金額(所得の40%を上限)−2,000円

     

    • ○住民税

      所得税のほか、次の自治体にお住まいの方は住民税が一部控除されます。

    • 東京都足立区、神奈川県横浜市にお住まいの方
      都道府県民税の控除額 (寄附金額−2,000円)×4% 合計10%
      市区町村民税の控除額 (寄附金額−2,000円)×6%
      東京都、神奈川県にお住まいの方
      都道府県民税の控除額 (寄附金額−2,000円)×4% 合計4% 

      ※確定申告を行わない方は、上記自治体に住民税の申告を行っていただく必要があります。
      ※平成26年度より寄附金における税制の優遇措置が拡大されました。
      詳細については各自治体のホームページ等でご確認ください。

     

    法人の寄附

    寄附金は全額損金に算入することができます。
    (参考)文部科学省ホームページ [寄附金関係の税制について]

     

    領収書の発行について

    藝大基金では、ご寄附をいただきましたら、後日「寄附金領収書」を送付いたします。確定申告の際、証明書としてご活用下さい。(平成23年1月1日以降の寄附金より適用)

    ※銀行振込およびクレジットカード決済の場合、決済手続完了から大学への入金まで最大1ヶ月を要し、その後領収書発行まで更に1~2週間程度かかりますので、予めご了承願います。

     

    <東京藝術大学HPより引用>

    <写真はイメージです>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>