• 寄附のお礼
  • カンタン申し込み
  • クレジットカード
  • 控除対象
アイコンの説明
寄附のお礼 ありあり なしなし
だいがくアシスタンスからお申込み 可能可能 不可不可
クレジットカードでのお申込み 可能可能 不可不可
寄附金控除の対象 対象対象 対象外対象外

日頃より豊橋技術科学大学の教育研究活動にご理解いただき、また、格別のご支援を賜りまして深く感謝申し上げます。

本学では、「技術を究め、技術を創る」という本学の基本精神を堅持しつつ、時代の大きな変化を見据えた人材育成を行っており、将来のリーダーとなる技術科学者の育成を目指した様々なプログラムを用意している他、成績優秀者と併せ、厳しい経済環境の下で、生活に困難を抱えた学生への本学独自の奨学事業の実施や、講義棟や福利施設の改修等教育環境の整備等の学生支援を行ってきております。

これらの取組を継続的に実施していくには、多くの予算を必要とするにもかかわらず、法人化後、本学の財政状況は年々厳しさを増しております。

これまでも、本学は卒業生・保護者の皆様や地元企業等の皆様の多大なご支援を受けてまいりましたが、この度、安定した財政基盤を確保するため、豊橋技術科学大学基金について、広くご理解とご支援をお願いすることとしました。

経済状況が厳しい中ではございますが、本学教職員も引き続き努力いたしますので、何とぞ趣旨をご理解いただき、格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ホームページへ
  • 詳 細
  • 寄附のお礼
  • 活動報告
  • 応援メッセージ
  • 詳細

    基金で行う学生支援の内容

    • ・就学・学生支援
    • ・留学支援
    • ・教育研究環境の整備
    • ・その他学生支援の目的達成に必要な事業

     

    ご協力をお願いしたい額

    1口2,000円

    ※本基金の趣旨をご理解いただき、複数口のご協力をお願いします。

     

    募集対象者

    本学入学者及び保護者、卒業生等、趣旨にご理解いただき、寄附を希望される方。

     

    寄附金に対する税制上の優遇措置

    豊橋技術科学大学へのご寄附については、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。本学が発行する「寄附金領収書」を添えて、確定申告により手続き願います。

    なお、寄附金領収書は、寄附金の入金を確認後1月以内を目安にお送りします。

    【個人の皆様からのご寄附】

     ●所得税

      所得税の軽減額=(寄附金額-2,000円) × 所得税の税率

     

     ●個人住民税の軽減額

      ・都道府県が指定した寄附金 = (寄附金額-2,000円) × 4%

      ・市町村が指定した寄附金   = (寄附金額-2,000円) × 6%

     ※愛知県、一部の市町村を除く大半の愛知県内の市町村は、本学を寄附金税額控除の対象に指定しています(【参考】参照)。

     ※愛知県以外にお住まいの方は、都道府県・市町村により取扱いが異なりますので、お住まいの都道府県・市町村にお問い合わせください。

     

     【参考】

      「条例指定の寄附金の取扱について」愛知県庁ホームページ

    【法人の皆様からのご寄附】

     寄附金の全額を損金算入することができます(法人税法第37条第3号2項)。

     

    <豊橋技術科学大学HPより引用>

    <この寄附はだいがくアシスタンスからお申込み出来ません。お手数ですが、大学のホームページ等からお申込みください。>